デリケートゾーンの黒ずみ対策には保湿が重要です

23

デリケートゾーンの黒ずみ対策に欠かせない保湿

肌は元々、天然保湿因子(NMF)という保湿成分を保持しています。しかし天然保湿因子(NMF)は水に弱く、入浴時にそのほとんどが流れ落ちてしまいがちです。入浴後に何もしない状態でいると肌がつっぱるのは、天然保湿因子(NMF)が流れ落ちてしまったた結果によるものです。

デリケートゾーンの皮膚は、身体の中でもっとも皮膚角質層が薄いため他の部位の皮膚より水分を保持することができません。ですので、皮膚が摩擦や刺激を受けたときに、ターンオーバーに乱れが生じ、黒ずみの原因になります。

そのため、日頃よりデリケートゾーンは他の部位より保湿が必要であり、また、入浴後は保湿剤によるケアがとても重要になります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策用保湿剤の選び方

デリケートゾーンの皮膚は薄く、水分を保持する力が非常に弱いため、化粧水や美容液、クリームなど複数使用する通常のスキンケアと同様のケアは必要はありません。そもそもの化粧水は、肌の油分などを整える目的で使用するため、皮脂や水分の少ないデリケートゾーンの保湿には化粧水は全く必要ありません。クリームや美容液だけで十分です。

デリケートゾーンの保湿には、デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームまたは、美容液が適しています。これらの保湿剤の多くは、「肌を乾燥から防ぐ保湿成分」、「黒ずみを解消する成分」、「肌を清潔にする成分」が含まれています。また、アルコールや香料が添加されていない、肌の刺激になったり肌の負担になる成分が入っていないがおすすめです。

顔用の美白化粧品は、アルコールなどの肌に負担になるものが添加されているものも多く、肌を清潔にする殺菌作用のある成分がはいっていないものが多いので、デリケートゾーンの使用には不向きなので気を付けましょう。

デリケートゾーンの保湿は、デリケートゾーン専用の保湿クリームなどを使用するようにしましょう。

デリケートゾーンを保湿する大切なタイミング

デリケートゾーンを保湿する大切なタイミング1.お風呂上り
お風呂上りは、肌の保湿成分まで流れ落ちてしまい、特に皮膚の薄いデリケートゾーンはケアが必要です。通常24時間で保湿成分は回復しますが、概ね24時間後には再びお風呂に入ることが多く、常に無防備な状態でダメージを受けていることになりますので、お風呂上りの保湿ケアは習慣づけるようにしましょう。

デリケートゾーンを保湿する大切なタイミング2.ムダ毛処理の前後
ムダ毛処理の前に保湿をすることで、剃刀や電気シェーバーの摩擦などからデリケートゾーンへの刺激は最小限に抑えるできます。ムダ毛処理の後は、ムダ毛処理時に必要な角質まで落としまいダメージを肌は受けています。そのため、ムダ毛処理の後も保湿ケアを怠らないようにしましょう。また、レーザー脱毛などを施術中の方は、その都度デリケートゾーンの肌がダメージを受けている状態なので、こまめに保湿をするようにしましょう。

デリケートゾーンを保湿する大切なタイミング3.朝の出かける前
一日生活をしているとデリケートゾーンは下着との摩擦などからダメージを受けることになります。朝、出かける前に保湿ケアをすることで、デリケートゾーンを下着との摩擦などのダメージから守ることができます。

デリケートゾーンの黒ずみ解消商品のランキングは信用していいの

22

デリケートゾーンの黒ずみ解消商品のランキングサイトの実態

インターネットで検索してみると、相当数のデリケートゾーンの黒ずみ解消商品のランキングサイトが存在することがわかります。そしてその大半が、閲覧者を販売サイトの誘導して利益を得るアフィリエイトサイトであることがわかります。

ただ、アフィリエイトサイトであることがいけないわけではありません。そのようなサイトであっても配合成分やどの効果が期待できるか、価格、販売形態などの情報はかなり正確で、掲載されている情報については信用できるものがあります。また、元々アフィリエイトが目的ではなくても、デリケートゾーンの黒ずみ解消商品を紹介し、その販売サイトへリンクさせるのであれば、アフィリエイトにしておこうなどのサイトもあり、その手のサイトは元々デリケートゾーンの黒ずみについて解説することが目的にしてる場合も多いので、様々なサイトを閲覧して色々な角度から情報を得るように心掛けましょう。

また、アフィリエイトであるということは、気になる商品があれば、その販売サイトを訪問することが容易になります。ですので、アフィリエイトサイトであっても使い方次第では非常に便利なものになります。

デリケートゾーンの黒ずみ解消商品のランキングも様々

先ほども記述させていただきましたとおり、インターネット上にはデリケートゾーンの黒ずみ解消商品のランキングサイトが多数あります。しかし、そのサイトによって商品の評価は様々で、ランキングについても、サイトによって異なることがほとんどです。どうしてそのようなことになるのかというと、評価基準が様々だからです。

その評価基準については、配合成分、価格、安全性、返金保証、解約の可否、アンケート調査の結果、使用満足度など多岐にわたります。その中からどの項目を評価基準にするかによって、ランキングサイトごとに、デリケートゾーンの黒ずみ解消商品のランキングの結果が異なってくるようです。

ただ、使用満足度などの項目は販売元が出しているデータであることが多いことから、配合成分や価格、返金保証などの事実に基づいたランキングのほうがより信用性が高いかもしれません。

ランキングサイトの評価の注意点

前述したとおり、ランキングサイトはそのデータによって、サイトによってデリケートゾーンの黒ずみ解消商品の順位は様々です。そこでランキングサイトでデリケートゾーンの黒ずみ解消商品選ぶ際の重要なポイントについて説明したいと思います。

まずは配合成分です。デリケートゾーンの黒ずみ解消を目的とするのであれば、美白成分が配合されていることです。クリームタイプの商品であれば、厚生労働省で美白効果が期待できると認可されている「トラネキサム酸」が配合されているものを選択するのが無難です。また、デリケートゾーンは刺激に弱く、その刺激によって黒ずみを悪化させることがありますので、アルコールや化学的に合成された添加物が配合されていないものがおすすめです。

価格についてですが、一ヶ月分の内容量で5,000円を下回る価格設定がされているものが比較的に安価とされています。

その他にも人によって購入したデリケートゾーンの黒ずみ解消商品が合う、合わないがありますので返金保証があるものが安心です。

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある美白クリームとは

21

デリケートゾーンの黒ずみで損をしているかも

デリケートゾーンが黒いような気がする、とある日気になりだしたら、頭の中はそのことで一杯になってしまうかもしれません。場所が場所なだけに誰にも相談できません。ただ、その黒ずみ、本人以上にパートナーである男性も気になっているかもしれません。

LCラブコスメが行った男性100名を対象にした「デリケートゾーンの黒ずみ」に関するアンケートでは、こんな結果が出ています。
・彼女のデリケートゾーンが黒かった時、高まった期待が一気に崩れ落ちた
・不潔に見えるし、臭いが臭い人のを舐めるのは彼女でも辛い
・本当の経験人数を疑ってしまって、寂しい気持ちになりました

自分に自信が持てるデリケートゾーンのケア方法

自分に自信が持てるデリケートゾーンのケア方法

・デリケートゾーンの黒ずみを解消する4つのポイント
1.デリケートゾーンの摩擦や刺激を最低限に抑えるを防ぐ
2.お風呂上がりなどに保湿ケアをする
3.ホルモンバランスの乱れによるメラニン沈着を防ぐ
4.美白効果のある石鹸、クリームなどでケアをする

この中で2.の保湿ケアと4.の美白効果のあるクリームは一つの商品で同時に同時にケアすることが可能なのです。

保湿効果と美白効果、この2つはデリケートゾーンの黒ずみを改善するうえで、とても重要なポイントになります。また、肌に優しいことも重要な要素です。肌トラブルの原因になる添加物が使われてないものを選ぶようにしましょう。また、デリケートゾーンの黒ずみ対策は、1日や2日で効果が現れるものではありません。デリケートゾーンのケアを継続することも非常に重要なのですが、使用感が悪かったり、効果なものでは継続しにくいものです。

以上のポイントをふまえて、使いやすそうなデリケートゾーン専用のクリームをご紹介します。

デリケートゾーン黒ずみケアクリーム選びのポイントと使い方

デリケートゾーンの黒ずみ解消用のクリームは多くの種類が発売されており、どんな商品が選べばいいのか分からない方がほとんどだと思います。

黒ずみに解消するとされている成分は、厚生労働省が美白効果があると認可している成分のことをいいます。そのなかでも、刺激の弱いデリケートゾーンに最適な成分は、「トラネキサム酸」や「ビタミンC誘導体」です。

これらの成分は、美白効果も高く、肌への刺激が少ない為、デリケートゾーン部分に使用しても、肌トラブルの心配もなく使用することができます。

デリケートゾーンの黒ずみの解消するためクリームを選ぶ際には、まずデリケートゾーン専用であること、美白成分が認可されたものであること、刺激の少ないことが大切です。また、美白成分として認可されているものの配合比率なども商品選びでは大切です。

基本的に使い方は、商品の説明書を読んでいただくことが基本なのですが、1日朝と夜に計2回使用するようにしましょう。朝は、日中の下着の擦れや摩耗などの刺激から肌を守り、黒ずみの悪化を防止します。夜は、ターンオーバーが睡眠中に行われるため、有効成分がメラニン色素の抑制・排除に働きかけ、黒ずみを改善につながります。

朝も夜もきれいな肌の状態で塗ることが理想ですが、決してゴシゴシ洗わないようにしてください。

デリケートゾーンの黒ずみ美白ケアに口コミを活用しよう

20

口コミサイトにもいろいろあります

インターネット上にはデリケートゾーンの黒ずみについての情報が溢れるほど存在します。ランキング形式で様々な商品を紹介しているサイトや口コミサイト、さらには実際にデリケートゾーンの黒ずみ美白ケア商品を使用した結果を掲載しているサイトなどもあります。

デリケートゾーンの黒ずみ美白ケアの商品を販売しているサイトは基本的にその商品のことを悪く書くことはありません。商品比較サイトなどでは、アフィリエイト(閲覧者を商品の購入ページに誘導して利益を得る)サイトもあります。ただしアフィリエイト目的の比較サイトであっても、価格や配合成分、期待できる効果などの情報収集には十分に役立ちます。

また、中にはデリケートゾーンの黒ずみについて詳しく解説してあったり、また美白ケアの方法などをについても説明があり、その症状に応じた商品を紹介してくれるサイトもあります。

特に最初はどの商品を選択するか、非常に迷うところです。これらの口コミサイトをうまく活用しながら、失敗のない上手な買い物をしたいものです。

デリケートゾーンの黒ずみ美白ケア商品を使用して比較したサイト

比較サイトや口コミサイトで色々と調べてはみたものの、結局のところ使ってみないとわからないという理由で、3人の女性が10種類の商品を実際に購入、使用して比較をしてみたというサイトがあります。3人がデリケートゾーンの黒ずみ美白ケアの商品を実際に使用し、その効果がわかるよう使用前と使用後の写真を日々の経過に沿って掲載しています。

10種類の商品を試してみて、3人が揃って美白効果があると実感できたのが「イビサクリーム」です。この「イビサクリーム」は株式会社ファイブテイルズから発売されています。実際に使用前と使用後の写真を見ましたが、その効果は明らかでした。購入した10種類の商品の中で3人ともに効果が実感できたのはこの「イビサクリーム」のみです。この3人の口コミも掲載されており、かなり絶賛されていることがわかります。

このサイトでは10種類のデリケートゾーンの黒ずみ美白ケアの商品を実際に購入し、効果が得られなかったものについてもその旨を掲載しています。中には人によって美白効果があったりなかったりするもの、3人とも美白効果が実感できなかったものなどがありました。

このように口コミサイトからより信用できる情報を入手することで、無駄な費用かけずにデリケートゾーンの黒ずみの美白ケアの効果を実感する近道になるかもしれません。

インターネット上の口コミはうまく活用しよう

デリケートゾーンの黒ずみの美白化粧品の情報は、口コミなども含めて溢れるように存在します。アフィリエイトによって稼ごうとするランキングサイトなども多数あるのも事実です。

インターネット上の情報ををうまく活用するには、きちんとメリット、デメリットについての情報も収集したり、医師などが運営するサイトできちんとした情報から知識を身につけることも大切です。

デリケートゾーンの黒ずみは美白ケアで解消しましょう

19

美白化粧水はデリケートゾーンの黒ずみには効果がない

顔にできるシミなどとデリケートゾーンの黒ずみは同じメラニン色素によるものであり、皮膚がダメージを受けた場合や老化によってできるものです。デリケートゾーンにできる黒ずみは皮膚がダメージを受けることによるものがほとんどなのです。

デリケートゾーンの皮膚にダメージを受けているという実感はないかもしれませんが、デリケートゾーンは他の部位とは違い、常に下着の摩擦などの刺激を受ける部分なのです。このような些細な刺激でもメラニン色素は分泌され、沈着してしまいます。

また、デリケートゾーンに沈着するメラニン色素は、顔の皮膚よりも深い部分に沈着する通常の美白化粧水では、美白成分がその深い部分まで届きません。これらのことから、通常の美白化粧水では、デリケートゾーンの黒ずみには効果がありません。

なので、デリケートゾーンの黒ずみには専用の石鹸やクリームなどによる美白ケアが必要なのです。

まずはお風呂でデリケートゾーンの美白ケアに挑戦

お風呂でデリケートゾーンを清潔に保とうとゴシゴシ洗ったりしていませんか。このような洗い方は、逆にデリケートゾーンの皮膚に摩擦による刺激を与えるため黒ずみを悪化させ、さらにデリケートゾーンに自浄作用を与える常在菌まで洗い流してしまいますので、これは清潔になるどころか逆効果なのです。

また通常のアルカリ性の石鹸は洗浄力が強いのですが、やはり洗浄力が強い分、刺激も強く、先ほどの常在菌まで洗い流してしまいます。お風呂でデリケートゾーンを洗う際は、刺激の弱い弱酸性の石鹸、またはネット通販などで購入できる、デリケートゾーンの黒ずみ専用の美白効果のある石鹸を使用しましょう。

洗い方は、ネットなどで石鹸をよく泡立て、その泡でデリケートゾーンをパックしてあげるだけでいいのです。1〜長くても2分放置したら、ぬるま湯で優しく流してあげましょう。日頃ゴシゴシ洗っている方には物足りなく感じるかもしれませんが、デリケートゾーンには、自浄作用のある常在菌がありますので、デリケートゾーンの美白ケアにはこの洗い方で十分なのです。

お風呂上りにもデリケートゾーンの美白ケアが必要

お風呂上りは、お風呂で保湿成分まで洗い流してしまっているため、どうしてもデリケートゾーンも乾燥してしまいます。デリケートゾーンが乾燥すると、ショーツなどの下着との摩擦による刺激に敏感になってしまいます。デリケートゾーンの美白ケアには保湿成分を高めてあげる必要があります。

やはりデリケートゾーンには、デリケートゾーン専用のクリームを使用するようにしましょう。デリケートゾーン専用のクリームには、保湿成分と美白成分が配合されているものが多く、保湿と同時に美白効果が期待できるものが多くあります。中でも厚生労働省認可の美白成分「トラネキサム酸」が配合されているものであれば、美白効果が期待できます。

また、石鹸にも言えることですが、デリケートゾーンの黒ずみを解消する美白ケア商品を選ぶ際には、化学的に合成された成分が添加されていない、天然由来の商品を選択するようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ美白ケアの方法とは

18

美白化粧水はデリケートゾーンの黒ずみには効果がない

顔にできるシミなどとデリケートゾーンの黒ずみは同じメラニン色素によるものであり、皮膚がダメージを受けた場合や老化によってできるものです。デリケートゾーンにできる黒ずみは皮膚がダメージを受けることによるものがほとんどなのです。

デリケートゾーンの皮膚にダメージを受けているという実感はないかもしれませんが、デリケートゾーンは他の部位とは違い、常に下着の摩擦などの刺激を受ける部分なのです。このような些細な刺激でもメラニン色素は分泌され、沈着してしまいます。

また、デリケートゾーンに沈着するメラニン色素は、顔の皮膚よりも深い部分に沈着する通常の美白化粧水では、美白成分がその深い部分まで届きません。これらのことから、通常の美白化粧水では、デリケートゾーンの黒ずみには効果がありません。

なので、デリケートゾーンの黒ずみには専用の石鹸やクリームなどによる美白ケアが必要なのです。

まずはお風呂でデリケートゾーンの美白ケアに挑戦

お風呂でデリケートゾーンを清潔に保とうとゴシゴシ洗ったりしていませんか。このような洗い方は、逆にデリケートゾーンの皮膚に摩擦による刺激を与えるため黒ずみを悪化させ、さらにデリケートゾーンに自浄作用を与える常在菌まで洗い流してしまいますので、これは清潔になるどころか逆効果なのです。

また通常のアルカリ性の石鹸は洗浄力が強いのですが、やはり洗浄力が強い分、刺激も強く、先ほどの常在菌まで洗い流してしまいます。お風呂でデリケートゾーンを洗う際は、刺激の弱い弱酸性の石鹸、またはネット通販などで購入できる、デリケートゾーンの黒ずみ専用の美白効果のある石鹸を使用しましょう。

洗い方は、ネットなどで石鹸をよく泡立て、その泡でデリケートゾーンをパックしてあげるだけでいいのです。1〜長くても2分放置したら、ぬるま湯で優しく流してあげましょう。日頃ゴシゴシ洗っている方には物足りなく感じるかもしれませんが、デリケートゾーンには、自浄作用のある常在菌がありますので、デリケートゾーンの美白ケアにはこの洗い方で十分なのです。

お風呂上りにもデリケートゾーンの美白ケアが必要

お風呂上りは、お風呂で保湿成分まで洗い流してしまっているため、どうしてもデリケートゾーンも乾燥してしまいます。デリケートゾーンが乾燥すると、ショーツなどの下着との摩擦による刺激に敏感になってしまいます。デリケートゾーンの美白ケアには保湿成分を高めてあげる必要があります。

やはりデリケートゾーンには、デリケートゾーン専用のクリームを使用するようにしましょう。デリケートゾーン専用のクリームには、保湿成分と美白成分が配合されているものが多く、保湿と同時に美白効果が期待できるものが多くあります。中でも厚生労働省認可の美白成分「トラネキサム酸」が配合されているものであれば、美白効果が期待できます。

また、石鹸にも言えることですが、デリケートゾーンの黒ずみを解消する美白ケア商品を選ぶ際には、化学的に合成された成分が添加されていない、天然由来の商品を選択するようにしましょう。